アウシュヴィッツの図書係

アントニオ・G・イトゥルベ著


実話をもとに描かれた、8冊の本をまもった強制収容所の図書係の少女。私はこの本でアルフレート・”フレディ”・ヒルシュという実在の人物についても知りました。感想にはネタバレが含まれますのでこれから読む人はご注意を。

実在の人物と虚構が織りなす物語

主人公のディタ(エディタ)は14歳のとき、アウシュヴィッツ・ビルケナウ絶滅収容所の31号棟の秘密の図書館の図書係になった。図書館といっても、存在したのはボロボロになった8冊の本。それを監視の目の届かない場所に隠しながら子供達の教育を担う先生役の大人に貸し出すのが彼女の役割。

アウシュヴィッツという名前、ホロコースト、ユダヤ人迫害、そういう歴史的背景を知ってはいても、この作品のような形でそこでの暮らしを描いたものは読んだことがありませんでした。悪臭、虐待、殺戮、飢え、病など、悲惨な状況があったことは書かれているけれど、その中でもユーモアや思いやり、友情、家族愛を忘れずに「生きていた」人たちがいる。そして、たとえナチスが国際監視団の目をごまかすために生存させていたのだとしても、収容所に到着してもすぐに殺されずに生きていた子供達がいたこと。ディタが図書係として管理していた本のほかに、自分の読んだことのある本を語り聞かせる「生きた本」と呼ばれた人たち。

ディタ自身も、人目を盗んで本を読み、本が連れ出してくれる別の世界に浸る。私は小学校から近眼になり始めて本や漫画を読むのを禁じられたことがあるんだけど(といっても多分休憩しながら読めとかその程度だったはずが、私にはかなり大ごとだった)、祖父母の家に行った時に伯父の持っていた「ブラックジャック」が全部読みたくて、押入れに隠れて読んでいて叱られたことがある…ふつーなら気付く人の足音とか気配に気づかないでバレたのよね。次元が違うけど、子供の頃に本に夢中になるって今とはまたちょっと違う感覚だったな、ということをふと思い出しました。

フレディ・ヒルシュ

Fredy_Hirsch.jpg

小説の中で最も印象的な登場人物がこのフレディ・ヒルシュ。彼は実在の人物で、収容所にいながらもアスリートらしい体型とできる限りの清潔さ、子供たちの教育への献身的な姿勢を維持していたことが描かれています。しかし、子供達を含む家族収容所の何千人もの人々がガス室で殺されようとしたとき、反乱の陣頭指揮を執るよう依頼され、子供達の犠牲を悩んだ末に鎮静剤を大量服用して自殺した、というのが周りの人々の見解。自分で矢面に立つのはできないけれど誰かがリーダーになってくれれば自分も何かする、という、ある意味無責任な他力本願について、生と死がかかっていた状況だけに責められないとは思うけれど、自殺したからといって「逃げた」と責めるのは絶対におかしい。

しかし、物語の中でディタは、「そもそもフレディのような人が逃げる、自殺すること自体おかしい」という疑問を持ちます。この件はディタの疑問とともに物語の最後まで引きずられ、あとがきに提示されたある1説をもって引き取られます。逃げたのではなく、彼の死にはなんらかの、誰かの意図によって引き起こされたものだと。

私はフレディ・ヒルシュについて実在の人物だとは知らなかったのですが、物語を読み終わるまで、先入観を持ちたくないので調べないでおきました。読み終わってから見つけたAlfred (Fredy) Hirschに関するページの最後にも、彼の死には疑問が残されている、と書かれています。

このページに載せたAlfred Hirschで画像検索すると、上の写真だけでなく体操選手らしい体型の全身を写した写真もヒットします。収容所の中である一定の自由を得ていた彼がナチスに通じているのでは、と作品中のディタは疑うのだけど、彼の抱えていた秘密は別のもの。ユダヤ系ドイツ人であり、同性愛者でもあったフレディ・ヒルシュの苦悩は、当時のディタには理解に苦しむものとして描かれています。

ディタ・クラウス

物語の中でメンゲレに「画家」と答えたディタのモデル、エディタ・ポラホヴァーは収容所で知り合ったオータ・クラウスと結婚(作中ではオータ・ケラー)。イスラエルに移住しています。ディタ・クラウスの絵がこちらに掲載されていました。

テレジンの小さな画家たち

エディタ・ポラホヴァー画(現ディタ・クラウス、1929年3月12日生まれ、生還しイスラエル在住) 鉄格子の窓から見えたテレジンの教会の塔を描いたもの。ディタはテレジンからアウシュヴィッツ、さらにベルゲン・ベルゼン収容所に送られたが生還した。両親・祖父母・親戚はすべて死亡

訳者あとがきによると、ディタ・クラウスについては野村路子氏の著作も紹介されています。

本の力、絵を描くことの力。絶滅収容所の中の物語だから悲しく辛い事実も描かれているけれど、それよりも人間性に焦点を当てて、かつ「お涙頂戴」的な描写はないのは、著者がジャーナリストというバックグラウンドを持つ人だから、かなぁ。イトゥルベ氏の次の作品ももし翻訳されたら読んでみたいです。

広告

アウシュヴィッツの図書係」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。