Outfits

例の衣装が引き起こした炎上について

Source: Japanese girl band Keyakizaka46 cause outrage by dressing in NAZI SS-style outfits  | Daily Mail Online

たぶん、ここまでではないにせよ、ナチスの制服に似たような衣装は今までも存在したんじゃないかと。なぜなら、本当にナチスの制服はかっこいいのだから。メディア戦略の一環と言えるんじゃないでしょうか、だから恐ろしいんだよね。Daily Mailの記事にも載っているナチスの制服のイラストみたいな、世界の軍服のイラストの載っている洋書を持っているんだけど、確かに他の国々の制服に比べてもかっこいい。彼らのいう優良人種である金髪碧眼長身の男性はもちろんだけど、きっとふつーのおじさんが着てもそこそこかっこよく見えたのでは。

確か「ベルリン天使の詩」だったか、映画のエキストラ俳優がナチスの制服の衣装について心の中で「かっこいい、ナチスの奴らはわかってた」みたいなことをつぶやくのが、天使の耳に入る、そういうシーンがあった気がします。ドイツの映画にだってそういうふうに出てくる。

じゃあ、なんで今回は炎上したかというと、単に「かっこいー」と礼賛しているように取られてしまったから、かな。かわいい女の子にナチス風の制服着せて、否定的な意味合いを持たせるのは難しい。上の「ナチスの奴らわかってた」ってつぶやきだって、本当はそんなこと口に出して言えないんだけどつい思ってしまう、という、ある意味恐ろしい事実であって、ナチスを単にかっこよく見せたわけではないから。

日経で、「セクハラCM」の炎上に関する記事も最近読んだけど…共働きしている奥さんに対して申し訳ないと思う夫、というイラっとするCMもあったなぁ、と思い出しました。ちょっとしたことで炎上するのも怖いけど、作る側も「これを見てどういうふうに思われるか」という想像力がちょっと足りなくなっているんじゃないかなぁ。

広告