猫さんとの生活と便利グッズ

1月27日、我が家に猫さんがやってきて、2週間が経ちました。初めて猫飼うので一所懸命準備したんですが、最初の2週間のあれこれを書いておきます。

体調の変化

もともと、1月7日頃に猫風邪をひき、ワクチンの1回目を12日に延期したとの連絡をもらっていました。27日の引き取りの頃にはだいぶよくなっていたんですが、疲れたのか28日、29日には黄色い鼻水とくしゃみ、涙が。予備でもらっていた錠剤は苦いらしく、ウェットに混ぜても食べなくなったので、結局30日に獣医さんに診てもらいました。今度は甘めの粉薬をもらい、オールステージ対応の粉ミルクに混ぜてあげました。注射器使ったけどそのうち小皿から15cc〜30cc完食するように。点眼点鼻薬のあげ方も練習させてもらいました。目、鼻にぴっぴっと。嫌がるけどそのあとにミルクあげるようにしました。子猫が猫風邪ひくと、2〜3週間治るのにかかるのはざららしいけど、鼻づまりで匂いがわからなくなるとご飯を食べなくなるので注意が必要だそうです。

くしゃみはおさまったり、ちょっと出たり。今日もまだくしゃみしていたので目薬の刑。今週末、ワクチン2回目を打ちに行くのでその時にアレルギーじゃないかどうか相談してみます。妹宅の猫ちゃんがハウスダストのアレルギー持ちだったので。

我が家に来たときは体重680グラム、肩に乗っても重さを感じないほどでしたが、今日は1145グラム。ほんと、子猫の成長ってびっくりするほど早いです。体重を計るの、5キロまで測れるキッチンスケール買ったんだけど動くのでやっぱりこれ買いました。ちょいでかいけど縦置きしておけるので入ってほしくない隙間に立ててます。

隙間といえば、冷蔵庫と壁の間の10センチは毎日掃除してます。猫ってほんとに隙間好きなのね。こういうソファの下とか。ご多分にもれず、足をよじ登ろうとしたりして、結構痛い。甘えん坊な性格で、眠くなるとこっちが夕食中にわざわざ足元に来て寝たり、ネット中に膝に乗ってきます。

普段はソファの上に置いた蓄熱ブランケットの上で寝るのも好きです。人間様用だったんだけどね、それ。

幸い、まだ人間のベッドには登ってこれないので、初日だけ夜ケージに入れたけど翌日からはそのまま電気を豆球にして寝ていても問題なし。気になって私が勝手に朝4時とか5時に目がさめるだけ。たまーに、起きたらソファの背の上のベッドが見える位置で寝ていて、こっち見てたりしてぐっときます。

1週間くらい経つと、家に慣れて噛む力も強くなってきたので、下の写真に写っているスパンコール付きのバブーシュは捨てました。盲点だった。スリッパは蹴りぐるみがわりになります。興奮すると親指も攻撃対象になるので注意。笑

フードと器の話

今はロイヤルカナンのキトンを中心にあげています。最初の1週間は赤ちゃん用のカリカリだったけど、あっというまにキトンのカリカリも食べられるようになりました。ウェットはあげていません。ブリーダーさんところでロイヤルカナンだったので慣れるまで、と思っているけれど、あんまりがっついて食べないのでどれくらいのタイミングで変更するか迷っています。

候補にしたのはこのふたつ。

他にもグレインフリーで評価の高いフードはいろいろあるけど、今ちょっとだけ混ぜているのはオリジンの方。勢い余って食べてはいるけど、オリジンを選んで食べるほどではないです。


器は「猫壱」と「ハリオ」を交互に使っています。「猫壱」は子猫にはちょっとまだ背が高いかな。キャンディ柄とカップケーキ柄がかわいい。カリカリだけど、唾液がつくのでしばらくしたら交換して洗う。水飲みはケージの中にもイッタラの白い器を置いてあるけど、そっちもよく飲んでいます。

WOpetの自動給餌器も使ってみたけど、昼間は寝ている時間が長いせいかあんまり食べないし、さらにいうとプラスチックがお気に召さないらしい。帰宅後に磁器に移し替えてあげると、ちゃんと食べます。

ただ、自動給餌器は飲み会とかでかなり遅くなるときは使うかも。大地震で帰宅困難になるという恐れもあるし、毎日セットしておくべきかなぁ。

ケージとキャットタワー

彼のために購入したもので一番かさばり、ちょびっと無駄かもしれないのがケージ。いや、それでもここにおいてあるトイレも留守番中使うことがあるし、何よりトイレ掃除のスコップにじゃれつくのが好きになっちゃったので、先にケージのトイレ掃除でおびきよせ、ちょっとだけ閉じ込めてもうひとつのトイレを掃除する、のに役立っています。

キャットタワーは、最初は全然登れなかったのにおとといくらいから一番上まで登れるようになりました。まだ降りるのがちょっと怖いみたいだけど、ジャンプ力はさすが猫。隣のテレビ台に飛び移ったりしています。よかった、巨大なオブジェにならなくて。笑 私が買ったのは、「オリジナルキャットタワー Mau」のミルキーエッグ。高さ156センチなので、一番上で寝ても寝顔がみられます。笑

子猫のうちは何にでもじゃれつく…のかも

またたびの入ったエビの蹴りぐるみは、子猫にはあんまりまたたびよくないってことで、ほつれてきたこともあり没収。スリッパで我慢してもらう。

うちの猫さんは、鈴入りボールと猫じゃらしが好きです。ボンベイの特徴と子猫という時期とがあいまって、運動量は本当にすごい。ひとりサッカーもするし、黒い超特急のように走ったりジャンプしたり。ただ、猫じゃらしやボールには羽やリボンがついているものがあり、夢中になって噛むと誤飲の恐れもあるので注意が必要かもしれません。

うちはローマンシェイドのカーテンなのだけど、その上げ下ろしに使うボール付きの紐がこれまた大好きで、朝夜の上げ下ろしは下で待ち構えます。これも留守番中に首吊りしたら困るので、届かない高さでマグネットクリップでまとめています。

首輪の話

現在進行形で悩んでいるのが首輪。常時つけさせるなら子猫のうちに慣れさせたいんだけど、思った以上に首が細いのでまだ大人用はつけられません。

楽天の「56nyan」さんの子猫用首輪。確かにすぐにゆるくなるのだけど、そのために早速猿轡になり、そうなるとスナップボタンも外れないので猫さんパニックに。留守番中にそうなったら危険なので断念しました。はやかったな…。

成猫用はこれ、「ビーグラッドストア」の真田紐の赤を買ってあります。名入れしたのだけど、使える日はくるのか。

掃除の話


猫を飼うときに気になるのがまず猫トイレ。カバー付きのトイレとケージ用のトイレの二段構えにしてあります。砂はトフカスサンドK。おから製でおしっこはよく固まるし、匂いも気になりません。うんちがちゃんと隠れていれば。笑 いやー、さすが肉食獣、仕方ないけどうんちはくさいです。おから製のいいところはトイレに流せること。長方形の紙を折り紙の要領で箱に折って、掃除するたびにトイレに流して箱は1、2回で丸めて燃えるゴミに捨てる。気持ち的にらくちん。1日に2、3回掃除するけどそんなに苦になりません。

全部フローリングなのですが、赤ちゃんがいるママの気持ちがちょっとわかるかも。人間だけなら数日に一回でも気にならない床掃除、何せおもちゃで遊ぶ時スライディングタックルするし、猫風邪でくしゃみはするしで、毎日クイックルワイパー。そのワイパーにもスライディングタックル。そしてAUROのワックスは気持ち的にもう使えない。かわりにスコッティの洗って使えるペーパータオルを買いました。これ、フローリングワイパーにセットできるんで、水拭きがらくちんです。

もうひとつはニトムズのコロコロ。「フロアクリン」はクッションなどの布製品の掃除とフローリング、両方に使えて便利。

これからの課題

…それはお風呂。笑 猫風邪引いていたこともあり、まだお風呂場デビューはしていません。体力使うし、できれば遊び感覚で慣れさせていってからにしたい。妹宅の二匹は野良ちゃんの子供たちだったから、いまだにお風呂は入れていないらしい。笑 爪切りは寝ている間にクリア。仰向けにリラックス、というタイミングは起きている間はなかなかないので、爪切り見せたりするけど実際に切るのは寝てからです。

怖いのはストレスによるウールサッキングなどの異食症と噛みグセ。じゃれつきのがぶっと、がだいぶ甘噛みになりつつあるけど遊びがエキサイトするとまだまだ痛い。甘えん坊なので今も絶賛フミフミ、ちゅぱちゅぱガブっとやりますが、じゃれていればいいのだけど本気食いが始まったら怖い。何せふつーの家は布だらけ。

フードの切り替えもまだ先は見えていません。ロイヤルカナンは、まぁネットで調べれば今後の工場問題も含めていろいろあるんで、やめたいんですけどね。ちょっとずつオリジンの混ぜ込み、試してみます。

長くなってしまった。猫さんとの共同生活でまだまだ振り回されっぱなし、Peter Wingfieldサイトの更新も滞りがち。でも、子猫の時代は本当にあっというまに終わっちゃうから、膝に乗ってきてくれる間はいくらでも乗せます。はい、親バカです。

広告