OPTION B (オプションB)

OPTION B

シェリル・サンドバーグとアダム・グラントの共著。「LEAN IN」がとても良かったので、ああ新刊出たんだ、と思って手に取ったら、夫の突然の死を経験したあとの本と知り、驚きました。まだ読み始めたばかりだけど、本に出てくる辛い出来事、たとえば愛する人の死や辛い事件などにはペットの死も十分該当すると思います。だって家族だったわけだから。回復する力、をレジリエンスという耳慣れないカタカナで説明していますが、ぴったりくる日本語がないのなら仕方ないかな。

猫さんの病気の症状が少しずつ出てきてから、そして亡くなってからは本を読む気力も湧かなかったけれど、少しずつ読んでいくつもりです。

プリズン・ブック・クラブ

コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年

by アン・ウォームズリー

本屋でパラパラっと見て、自分の好きな本が何冊も入っていたので「これは」と思って購入。ノンフィクションなので、この本に登場する刑務所での読書会を企画したカナダのBook Clubs for Inmates創設者、キャロル・フィンレイの実際の姿もサイトでみられます。

Book Clubs for Inmates

タトゥーだらけの囚人が本を片手に読書会に参加している様子も見られるので、イメージが湧きやすいかも。

Read more…

Quiet 内向型人間のすごい力

「内向型人間のすごい力」by スーザン・ケイン

読めば読むほど、自分は内向型だな、と思う。外向型に対する表現で、これはと思ったのがこちら。

サイコパスとヒーローは「同じ遺伝子の幹の小枝」

— デヴィッド・リッケン

Read more…