Cate and Mia : 避妊手術

12月8日避妊手術完了

ケイトとミアの避妊手術は12月8日、予定通り完了。手術自体は無事終わったんですが、初めてのことで私の側の準備が足りなかったのを反省。

続きを読む

広告

[R.I.P.] 葉室麟氏死去

2017年12月23日、葉室麟氏死去。最近の作品は追いつかなくて読んでないものが多いけれど、一時期すごい勢いで買い込んで読んだ葉室作品。私は歴史上の人物より登場人物自体も虚構の作品の方が好みだった。ご冥福をお祈りします。

CASEC score

11月にCASEC受けました。6月から8点アップの848点。よかった下がらなくて。あと2点取れれば、1レベルUPできたんだけどなぁ。

おじいさんに聞いた話

トーン・テレヘン著

「ハリネズミの願い」が話題になったトーン・テレヘン。私は「ハリネズミ〜」は相性合わなかったけど、こちらの本は面白かったです。おじいさんの話というのが、ロシアの話だからかな。単純ではなく、ハッピーエンドでもなく。あとがきを読んで驚いたけれど、実際はトーン・テレヘンがおじいさんから直接聞いた話はなく、ほとんどが創作であるということ。それでこれだけの数の「おはなし」を入れたとは。「皇帝」が出てくるエピソードは時に読むのが辛いのもあって、特にクマの話は悲しかったなぁ。

Cate & Mia: Health Check

避妊手術前の検査

妹に車を出してもらい、ふたりを動物病院に連れていきました。ブロードラインと避妊手術前の健康診断が目的。ケイトがほんのちょっぴり数値が高く出た項目が1つあったけど、子猫としては問題なしとのこと。12月8日に預けて一泊、手術してもらう予定。

続きを読む

A Street Cat Named Bob

ボブという名のストリート・キャット

ジェームズ・ボーエン James Bowenによる元野良猫ボブとの友情物語、映画にもなり夏には著者だけでなく飼い猫ボブも来日、という話題に興味を持ち、Kindle版の原著を読みました。とてもわかりやすい英語で、ジェームズのボブへの想いにじんわりしたり、日々起きる日常の事件に時々ハラハラしたりしながら読みました。時間はかかりましたが。笑

映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」もBlu-ray化かテレビで放映されたら観たいです。なんといってもボブをボブ自身が演じているのがすごい。

ジェームズさんは飼い主としてボブにちゃんとICチップ入れたり首輪したりリードつけたりしているけれど、それでも本の中で2回、びっくりしたボブが逃げ出してジェームズさんが探し回るハラハラするシーンがあります。ボブは元野良でおトイレもしばらくは外でしかしなかったし、肩乗り猫でジェームズと一緒なら外でも平気、という感じだけど、飼い猫を外に出す危険はロンドンでも同じだなぁ、と。2007年から一緒にいるふたり、もう10年なんですね。次の本もKindle版で買ってあるので、頑張って英語で読みます。

Cate & Mia: A Month

ケイトとミア、1ヶ月

ケイトとミア、10月20日に我が家にやってきて11月20日で1ヶ月。これを書いている23日には、ケイト2820グラム、 ミア2845グラムになりました。女の子だからか、やっぱり体重増加はゆるやかです。食べムラはあるけど、おやつとササミフリーズドライ、ちゅーるへの食いつきと、毎日りっぱな排泄をなさるところを見ると、順調なのかな。

続きを読む